ようこそ!住道北小学校のトップページです。

今日の給食

画像1 画像1
 7月18日(木)の給食献立は、玄米ごはん・夏野菜のカレーシチュー・枝豆コーン・冷凍みかん・ノンエッグマヨ・牛乳でした。
 今日の給食の「夏野菜のカレーシチュー」は、いつものじゃがいもの代わりに夏野菜のかぼちゃとなすを入れています。夏野菜は暑い夏にのぼせた体を調整する働きがあります。カレーに入っているスパイスは、香りや辛み、色をつけると共に食欲を増す働きがあります。
 苦手な野菜もカレーに入っていれば、食べやすくなります。よく煮込んであるので、まろやかな味になり、とてもおいしいです。

今日の給食

画像1 画像1
 7月17日(水)の給食献立は、ごはん・とうふのチャンプル・にんじんしりしり・ふりかけ・牛乳でした。
 チャンプルというのは、「混ぜこぜにした」「何でも入っているもの」という意味があり、野菜や豆腐だけでなく、いろいろな材料をいっしょに炒める沖縄の代表的な料理です。
 一つの料理の中で、野菜のビタミン・ミネラル、豆腐や肉のたんぱく質、肉や炒め油の脂質など、いろいろな栄養がとれるように工夫されています。
 今日の「とうふチャンプル」は、豆腐の他に豚肉、にんじん、たまねぎ、はるさめなど、たくさんの材料が入っています。さらに、粉かつお、ごま油を入れて味や香をプラスしています。
 「にんじんしりしり」は、せん切りの人参とまぐろオイル漬け、大豆を繊維状にして乾燥した「大豆の華」を炒め、淡口しょうゆで味つけしています。「しりしり」とは、沖縄の方言で、千切りという意味です。

今日の給食

画像1 画像1
 7月16日(火)の給食献立は、ベビーパン・きざみうどん・れんこん磯辺揚げ・ヨーグルト・牛乳でした。
 うどんは、古くから日本人に親しまれている麺類です。うどん自体の味は、とてもあっさりとしていますが、そこにつゆとだしの味がアクセントをつけています。
 うどんの食べ方が、現在のようにかつおだしとしょうゆで味つけした汁で食べるようになったのは、日本中にしょうゆが出回り始めた江戸時代のことです。
 今日の給食の「きざみうどん」は、鶏肉やうすあげ、たまねぎ、にんじん、しめじ、青ねぎなど野菜たっぷりの具の入ったうどんです。きざんだうすあげが入っていることから、「きざみうどん」という名前がつきました。こんぶとけずりぶしのだしがきいた、しょうゆ風味のうどんです。

今日の給食

画像1 画像1
 7月12日(金)の給食献立は、ごはん・厚揚げの五目炒め煮・コーンたまごスープ・牛乳でした。
 厚揚げは、厚めに切ったとうふに、重しをのせて水をきり、高温の油で揚げたものです。厚揚げの表面は油揚げのように固いですが、内部はほとんどとうふと変わらないので、生揚げとも呼ばれます。
 厚揚げは、とうふのよいところである血や筋肉を作ってくれるたんぱく質や、骨や歯を丈夫にしてくれるカルシウムが多いです。また、油揚げのよいところである、コクがあって形がくずれにくいところをあわせもった食べ物です。
 今日は、厚揚げと豚肉、にんじん、干ししいたけ、たけのこ、チンゲン菜、白ねぎと一緒にみそ味で煮た栄養たっぷりの献立です。

今日の給食

画像1 画像1
 7月11日(木)の給食献立は、バーガーパン・かぼちゃのポタージュ・豆カツ・キャベツソテー・パックソース・牛乳でした。
 今日のかぼちゃのポタージュは、かぼちゃ・にんじん・たまねぎを炒め、小麦粉とバターで作ったルウでトロミをつけ、塩・こしょうで味をつけています。
 肉類が入っていないので、あっさりとしています。かぼちゃは、夏から秋が旬の野菜で、肌や目を丈夫にし、からだの免疫力を高めます。
 旬の時期のものは味がよく、栄養価も高いです。

今日の給食

画像1 画像1
 7月10日(水)の給食献立は、カレーピラフ・ポトフ・オレンジパンチ・牛乳でした。
 オレンジパンチは、オレンジジュースに、果物や寒天をいれたデザートです。『寒天』は、天草という海藻からできています。栄養はほとんどありませんが、食物繊維が多く含まれています。みかんには、ビタミンCがたくさん含まれています。ビタミンCには、肌をみずみずしくする働きや、かぜやいろいろな病気に負けない力をつける働きなどがあります。
 今日の給食のオレンジパンチは、オレンジジュースに、みかんの缶詰と寒天・砂糖と水で作ったシロップを加えてあえた、さっぱりしていて食べやすいデザートです。

今日の給食

画像1 画像1
 7月9日(火)の給食献立は、中華パン・八宝菜・春巻・牛乳でした。
 中華パンとは、中国で広く朝食として食べられている肉まん・中華まん・豚まん・饅頭・むしパンなどをさし、小麦粉をこね、蒸して作るパンのことです。この中の饅頭は、具の入っていないパンで、おかずといっしょに、ご飯の代わりとして食べられています。
 給食では、 饅頭をイメージして、おかずと一緒に食べやすいように焼き色の薄いパンを作ってもらいました。

今日の給食

画像1 画像1
 7月8日(月)の給食献立は、ごはん・いそ煮・切り干し大根サラダ・和風ドレッシング・牛乳でした。
 切干し大根は、大根をせん切りなどにして干したものです。よく干すことによって甘みが増し、歯ざわりがよくおいしくなります。むかしの人が考え出した自然の恵みがつまった保存食品です。
 切干し大根には、骨や歯をじょうぶにするカルシウムや食物繊維・ビタミンCがとても多くふくまれています。また、干すことにより、ビタミンDが増えてカルシウムの吸収を助け、骨や歯が老化するのも予防します。
 今日の給食は、切干し大根、にんじん、まぐろのオイル漬けを炒めたサラダに、和風ドレッシングをかけて食べます。切り干し大根は、大阪でとれたものを使っています。

今日の給食

画像1 画像1
 7月5日(金)の給食献立は、青菜わかめごはん・そうめん入りすまし汁・さばの煮つけ・七夕ゼリーでした。
 七夕の行事では、色とりどりの短冊や飾りを笹の葉につるし、願いごとを書いて星にお祈りをし天の川や機織りの糸にみたててそうめんを食べます。
 今日の給食では、そうめんが入ったすまし汁と七夕ゼリーがでました。

今日の給食

画像1 画像1
 7月4日(木)の給食献立は、コッペパン・魚のオイスターソース・もずくスープ・いちごジャム・牛乳でした。
 もずくは、海藻で、他の海藻に付着しています。「藻に付く」ということから「もずく」と呼ばれるようになったそうです。もずくには、ナトリウムやカルシウムなどのミネラルが豊富に含まれていて、ヌメリの成分は、フコイダン・アルギン酸という食物繊維で、免疫力を高めると注目されています。
 もずくは、酢の物にして食べることが多いですが、今日の給食献立の「もずくスープ」は、塩・コショウ・醤油で味つけしたとりがらスープに、鶏肉・たまねぎ・もずくを入れています。

今日の給食

画像1 画像1
 7月3日(水)の給食献立は、ごはん・よせなべ風・ごぼう天の含め煮・のり・牛乳でした。
 ごぼう天は、ごぼうを魚のすり身に包み油で揚げた、かまぼこです。
 ごぼうは、キク科の植物で、私たちが食べているのは、人参や大根と同じ根の部分です。ごぼうには「食物せんい」がとてもたくさん含まれています。今日のごぼう天の含め煮は、一口サイズのミニごぼう天を、削り節のだしと、さとう・濃い口しょうゆで煮含めました。

今日の給食

画像1 画像1
 7月1日(月)の給食献立は、黒糖パン・豆乳ポタージュ・ラタトゥーユ・牛乳でした。
 ラタトゥーユは、フランスの南部、プロバンス地方の料理です。なす、ズッキーニ、ピーマンなどの夏野菜をトマトと一緒にオリーブ油で炒め、ワインを入れて煮込んだ野菜料理です。水をほとんど入れずに、野菜の水分で蒸し煮にするので、野菜のおいしさが味わえます。
 ラタトゥーユは、そのまま食べるだけでなく、パンと一緒に食べたり、スパゲティのソースに使ったりします。温かくしても、冷たくしても、おいしく食べられます。給食のラタトゥーユは、ベーコン、なす、ズッキーニ、たまねぎ、かぼちゃ、トマトの缶詰、にんにくなどの材料をオリーブ油で炒め、赤ワインを少し入れています。

今日の給食

画像1 画像1
 7月1日(月)の給食献立は、ごはん・肉じゃが・かつおあえ・ふりかけ・牛乳でした。
 太陽の光をいっぱいあびてスクスクと育ったじゃがいもは、エネルギーの元になるでんぷんをたくさん含んでいて、健康にとても良いです。
 じゃがいもは「だんしゃく」と「メークイーン」という2つの種類がありますが、給食では「メークイーン」を使っています。少し細長くて、表面がつるりとしているのが特徴です。
 今日の肉じゃがは、じゃがいもを一口大に切り、牛肉、にんじん、たまねぎ、つきこんにゃくと一緒にだし汁とさとう、濃い口しょうゆで煮含めています。
文字: 大きく | 小さく | 標準 配色: 通常 | 白地 | 黒地
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
行事
2/21 学習参観・懇談会
PTA総会
2/23 天皇誕生日
2/24 振替休日

住北通信

学校いじめ防止基本方針

学校経営方針

防災マニュアル