ようこそ!住道北小学校のトップページです。

今日の給食

画像1 画像1
 今日の献立は、ごはん・かきたま汁・さばのみそ煮・牛乳でした。
 さばは、「青魚の王様」と言われるくらい栄養価が高い魚です。
 身体をつくるたんぱく質が多く、頭の働きもよくし、血をサラサラにします。特に、さばの血合い肉は、栄養価が高く、貧血や老化を防ぎます。
 今日の「さばのみそ煮」は、さばの素焼きを土しょうが、みそ、さとう、しょうゆ、酒、みりんでよく煮込み、味噌だれを別に作り、かけてあります。甘辛い味噌だれで、ごはんのおかずにぴったりでした。

今日の給食

画像1 画像1
 今日の献立は、コッペパン・鶏肉のオイスターソース炒め・はるまき・ミルクバター・牛乳でした。
 鶏肉のオイスターソース炒めは、鶏肉をキャベツ・人参・玉ねぎ・たけのこ・干ししいたけ・三度豆などの野菜と炒め、濃い口しょうゆとオイスターソースで味付けしました。
 中華はもとより和食や洋食のかくし味にも使われるオイスターソースにより、うま味とコクが加わりました。

今日の給食

画像1 画像1
 今日の献立は、わかめごはん・豚肉のごま煮・チーズ・牛乳でした。
 わかめごはんは、乾燥させて味つけした「たきこみわかめ」をお米と一緒に炊いています。
 わかめは、栄養たっぷりで、低エネルギー。食物繊維も多く含まれています。食物繊維は、ダイエットの効果や大腸がんの予防になります。カルシウムもキャベツの2〜3倍あり、骨を丈夫にします。また、イライラするのを防ぎ、体や気持ちを元気にしてくれます。
 豚肉のごま煮は、土しょうがといっしょに豚肉を炒め、にんじん、たまねぎ、ごぼう、こんにゃくを加え、けずりぶしの出汁で煮ました。仕上げにごまを加え、風味を増しました。ごまは、とても小さい粒ですが、カルシウムやビタミンEが豊富な栄養価の高い食品です。

今日の給食

画像1 画像1
 今日の献立は、バーガーパン・クリーミースープ・とんかつ・ソース・牛乳でした。
 今日のクリーミースープの中には、白インゲン豆を煮て、ミキサーでつぶしたピューレが入っています。
 ピューレを使うことで、口当たりもよくクリーミーに仕上がっています。味もあっさりとしていてとても美味しかったです。
 豆の形のままで食べることに苦手な人も多いですが、ピューレにして、ポタージュ風のスープにすると食べやすいです。白インゲン豆は、大福豆や白花豆とも言われている白色の豆で、煮豆や甘納豆などに使われます。いろいろな栄養素がたくさん含まれているので、「豆の王様」とも呼ばれています。

今日の給食

画像1 画像1
 今日の献立は、中華風かやくご飯・青菜のサッパリ炒め・アセロラゼリー・牛乳でした。
 中華風の炊き込みごはんは、豚肉・にんじん・たけのこを、土しょうがとごま油で香りよく炒めて味付けし、米と一緒に炊き込みました。
 「かやく」とは、色々な具が入り、体によいという意味があるそうです。漢方薬で耳にする言葉で、主な材料のほかに薬の効果を高める目的で加えられる、補助的な材料をさします。そのことから、主な食材を引き立てる副材料ということで、うどんやご飯などに入れる具を「かやく」と呼ぶようになり、具の多い炊き込みごはんのことを、「かやくごはん」と呼ぶようになりました。

今日の給食

画像1 画像1
 今日の献立は、ごはん・カレーシチュー・えびフライ・牛乳でした。
 えびフライは、日本で開発されたカツ料理です。食材が野菜や魚貝類の場合には「フライ」と呼び、豚肉・鶏肉・牛肉などの場合は「カツ」と呼び分けるそうです。
 えびには、骨や歯を丈夫にするカルシウムがいっぱい含まれています。
 今日は、ごはん・えびフライ・カレーシチューと一緒に、えびカレーにしていただきました。

今日の給食

画像1 画像1
 今日の献立は、コッペパン・とうふのチリソース煮・ヨーグルト・マーガリン・牛乳でした。
 チリソースは、トマトソースの中に唐辛子、塩、スパイス、砂糖などを入れたもので、赤唐辛子の辛味と砂糖の甘味、トマトの酸味がうまく調和したおいしいソースです。
 チリソースの「チリ」とは、唐辛子のことです。唐辛子の仲間は、世界で3000品種ぐらいあると言われ、ハバネロやタバスコなどのたいへん辛いものから、パプリカやピーマンのように全く辛味のないものまで、様々な種類があります。辛味の成分は、汗を出し、食欲を高める効果がありますね。

今日の給食

画像1 画像1
 今日の献立は、大阪泉たこめし・関東煮・アーモンドミニフィッシュ・牛乳でした。
 たこめしは、たことお米を一緒に炊き込んだ料理です。たことお米を一緒に炊き込むことで、桜色のきれいなごはんになります。
 今日のたこめしのたこは、大阪府の泉州沖で獲れるマダコを使っています。大阪湾では、たくさんの種類の魚介類がとれ、風味よくやわらかいタコが育っています。たこは、カロリーが低く、タウリンとよばれる体の中で大切な働きをするタンパク質が多く含まれています。弾力のある歯ごたえで、かめばかむほど甘く感じました。

今日の給食

画像1 画像1
 今日の献立は、デニッシュパン・鮭のクリーム煮・フルーツナタデココ・牛乳でした。
 今日の鮭のクリーム煮は、鮭と野菜をホワイトルウで煮込みました。ホワイトルウは、小麦粉・バターを炒め、牛乳を入れて作っています。
 鮭には、血液をきれいにし血管の病気を防ぐとともに脳の働きを活発にし記憶力を高める働きがあります。鮭の身の赤色は、アスタキサンチンという色素で、老化を防ぎ、病気にかかりにくくします。鮭が、生まれた川に戻るパワーの素は、このアスタキサンチンだと言われています。

今日の給食

画像1 画像1
 今日の献立は、ごはん・キムチ肉じゃが・ちくわのてんぷら・牛乳でした。
 キムチ肉じゃがは、血や筋肉のもとになり、身体をつくる牛肉、エネルギーのもとになるじゃがいも、おなかの中の掃除をしてくれるこんにゃく、体の調子を整え、体を守るにんじんやたまねぎを使って、出し汁とさとう、濃口しょうゆで煮含めた肉じゃがにキムチ・にら・ごま・ごま油を入れて仕上げました。
 ピリッとした後味がきいていて、食べやすい味つけでした。

今日の給食

画像1 画像1
 始業式の今日から、給食が始まりました。本校の給食指導マニュアルも、3学期の献立内容等に合わせ、若干の修正を加えました。
 本校ホームページのトップページにある配付文書欄の「マニュアル・ガイドライン」内に掲載しておりますのでご確認ください。
 今日の献立は、赤飯・ごま塩・ぞう煮・みかん・牛乳で、新年のお祝いをしました。
 あずきの煮汁で炊く赤飯は、色々なお祝いのときに食べます。
 ぞう煮は、平安時代の初めに、餅・人参・大根などを神様に供えたあとで食べるようになったのが始まりで、お供えしたものを食べると体がじょうぶになると言われています。
 「今年もよい年でありますように」と願いをこめて、お正月献立を美味しくいただきました。

今日の給食

画像1 画像1
 今日の献立は、オリーブパン・ポタージュスープ・クリスピーチキン・クリスマスデザート・牛乳でした。
 クリスマスは、一年で昼が一番短く、夜が一番長い冬至のお祭りとキリスト教が結びついたものだと言われています。冬至のお祭りは、太陽に感謝して、病気や災いが起こらないように祈るものでした。
 今日は、クリスマスということで、クリスピーチキンといちごのゼリーがついていました。
 クリスピーチキンは、鶏肉にコーンフレークの衣をつけて揚げた料理です。クリスピーとは、サクサクとしたという意味があります。
 今日で2学期の給食を無事終えることができました。
 3学期の給食は、1月7日の始業式の日から始まります。

今日の給食

画像1 画像1
 今日の献立は、キャロットパン・八宝菜・ソフトチーズ・牛乳でした。
 八宝菜の「八」は、「8種類の」という意味ではなく、「たくさんの」「数多くの」という意味です。
 八宝菜の作り方は、豚肉や鶏肉などの肉類と、いかやえびなどの魚介類、しいたけやきくらげなどのきのこ類、たけのこ・にんじん・はくさいなどの野菜を油で炒めあわせて調味し、片栗粉でとろみをつけて仕上げます。
 にんじんに多く含まれるビタミンAは、のどや鼻の粘膜を強くし、炒めることでビタミンの吸収率が上がります。はくさいに多く含まれるビタミンCは、体に入ってきたウィルスと闘うビタミンです。
 給食では、季節やこんだての組み合わせによって、入れる材料をくふうしています。

今日の給食

画像1 画像1
 今日の献立は、玄米ごはん・カレーシチュー・ヨーク・牛乳でした。
 カレーシチューは、常に人気ベスト3に入る給食献立です。
 カレーはインドで生まれましたが、本場インドのカレーと給食のカレーとは、かなり違っています。
 昔、イギリス人が、インドの食文化であるカレーをイギリスに持ち帰り、自分たちの好みに合う欧風シチューのようにアレンジしました。
 そのカレーが日本に入ってきて、私たちがよく食べているカレーとなりました。

今日の給食

画像1 画像1
 今日の献立は、黒糖パン・豆腐のうま煮・あじ松葉フライ・牛乳でした。
 豆腐のうま煮は、豆腐を使った中華風の炒め物です。
 野菜のビタミン・ミネラル、豆腐や肉のタンパク質、肉や炒め油の脂質など色々な栄養がとれるように工夫されています。
 豆腐のうま煮には、豆腐の他に豚肉、えび、にんじん、たまねぎ、たけのこ、干ししいたけ、青ねぎなど、たくさんの材料が入っていました。
 さらに、土しょうが、オイスターソース、ごま油を入れて、味や香りがプラスされていました。

今日の給食

画像1 画像1
 今日の献立は、ごはん・ほうとう・ゆずゼリー・のり・牛乳でした。
 冬至に合わせて、かぼちゃの入った献立で「ほうとう」が登場しました。「ほうとう」は、山梨県甲府市の郷土料理として有名で、小麦粉を練ったとても太い平たい麺を季節の野菜と共に煮込んだものです。
 今日の給食での「ほうとう」は、かぼちゃやにんじん、大根などの色々な野菜と一緒にみそで煮込みました。
 冬至の日には、かぼちゃを食べて、ゆずを浮かべた、ゆず湯に入るという風習があります。ゆず湯に入ると、身体の芯から温まり、ゆずの香りが楽しめます。また、かぼちゃにはビタミンAが多くふくまれていて、風邪などの病気にかかりにくくなります。これらは、寒い冬を風邪などの病気に負けないで過ごすための、昔の人たちのすばらしい知恵です。

今日の給食

画像1 画像1
 今日の献立は、デニッシュパン・ポテトのミートソース煮・チーズ・牛乳でした。
肉とトマトを主な材料とするソースのことを、日本ではミートソースと呼んでいます。
 ミートソースは、イタリア北部のボローニャ地方の富裕層が、フランス料理のラグーという煮込み料理の真似をして、贅沢な材料を使って作らせたのがはじまりと言われています。
 日本では、50年くらい前に缶詰のミートソースが発売され、人気が出ました。これが、日本にミートソースを広めるきっかけになりました。
 ミートソースは、スパゲティにかけて食べることが多いですが、今日のポテトのミートソース煮は、スパゲティの代わりにじゃがいもを使いました。

今日の給食

画像1 画像1
 今日の献立は、コッペパン・魚のオイスターソース・いちごジャム・牛乳でした。
 オイスターソースは、中華料理に欠かせない調味料の一つですが、中国では、カキを生で食べる習慣がなく、塩に漬けて保存したあと、干して食べられていました。塩に漬けているとカキから出た汁が上に溜まり、この汁がとてもうま味とコクがあるので、料理のかくし味に使われ始めました。これが、オイスターソースの始まりです。
 今日の「魚のオイスターソース」の魚は、ホキを使いました。白身で淡白な味のため、バター焼き、ムニエル、白身フライや塩焼きなどとして使われています。

今日の給食

画像1 画像1
 今日の献立は、豚キムチごはん・たまごトック・牛乳でした。
 給食の「豚キムチごはん」は、豚肉とにんじん、はくさい、キムチを炒め、それらの具と米を一緒に炊きこんだごはんです。ピリッとした後味がきいていて、食べやすい味つけです。
 キムチは、朝鮮料理を代表する漬け物です。キムチは、唐辛子と塩漬けした野菜やにんにく、くだもの、いかの塩からなどを合わせて漬け込み、発酵させているので、乳酸菌が多く、うま味と酸味が混じり合っています。
 トックは、韓国・朝鮮のおもちのことで、細長い棒のようにしたもちを斜めにうすい輪切りにしてあります。原料はもち米ではなく、白いごはんと同じうるち米の粉を使ってあるので、日本のおもちと比べて、粘りが少なくあっさりしています。細長く作るのは、長生きするようにと願ってのことだそうです。

今日の給食

画像1 画像1
 今日の献立は、コッペパン・かぼちゃのクリーミースープ・プチゼリー・牛乳でした。
 「かぼちゃのクリーミースープ」のかぼちゃは、「ひょうたんかぼちゃ」を使いました。ひょうたんのような形が特徴で皮はつるつるとしています。果肉は、ねっとりとして濃厚なので、クリーミースープにぴったりのかぼちゃです。
 かぼちゃには、食物繊維やビタミンが多く含まれ、肌や目を丈夫にし、からだの免疫力を高めます。「ひょうたんかぼちゃ」は、特にビタミンAとビタミンEがたくさんあります。
 クリーミースープに合うようにペーストに加工したひょうたんかぼちゃピューレと、生の西洋かぼちゃを使いました。
文字: 大きく | 小さく | 標準 配色: 通常 | 白地 | 黒地
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
行事
1/25 特別時程
クラブ活動
1/26 ボッチャ体験6年生
1/27 ボッチャ体験6年生
1/28 特別時程
漢字検定

住北通信

お知らせ

学校いじめ防止基本方針

学校経営方針

マニュアル・ガイドライン